好きな人だけにモテる、本命の相手に好かれる方法。
好きな人だけにモテる、本命の相手に好かれる方法。

恋愛カウンセラー・イサキです。

 

更新中です。登録お願いします。
イサキのTwitter - @renairecipe

 

今回は、

  • そこそこモテるのに、本命の人に毎回フラれる理由。
  • そして、モテる範囲と対象を整理して、モテ具合を調整をする。3つのポイント。

について、お話します。

 

YouTubeでも話をしています。

 

好きな人だけにモテる、みんなにモテるの違い。

あなたは、好きな人だけにモテるモテ方と、みんなにモテるモテ方の意味・違い・理解していますか?

 

ここがはっきりしていないと

「こんなにモテようと努力してるのに、なんで好きな人だけに好かれないの??あの人からいい感触がないの?」

って話になります。

 

これを理解するには、まず今の日本には「モテる」っていう絶対値が存在しないって事実を理解したほうが早いです。

 

というのも、人を判断する価値観が多様化しすぎて、

  • Aというジャンルの枠内ではモテるけど、Bという枠内では嫌われるとか。
  • オタクにはモテるけど、リア充には嫌われるとか。
  • 学生さんには好かれるけど、大人からは嫌われるとか。
  • アニメ好きには好かれるけど、ドラマ好きには嫌われるとか。

その特定の枠内ではモテるけど、そこから一歩でも出ると、真逆の評価が下されるとか。

 

だから今の日本にはもう「モテる」っていう絶対値は存在しない、極端なことを言えば、一人一人、好きだと感じる感性があって、みんなのお手本になるような「絶対のモテ」が存在しない。

 

昭和の大スターみたいに、かっこいいといえば「あの俳優さん」、美女といえば「あの女優さん」みたいに、みんなのあこがれの存在、みんながこぞって同じ髪型にするとか、同じファッションにするとか。今はもう絶対にない。

 

平成で言えば、安室奈美恵さんみたいなファッションを好んで着飾る、アムラー女子みたいな、みんなの憧れが、社会現象になるとか。

今はもうない。

 

でも、多くの人は、いざモテようとするとき、絶対値を探す。

 

なるべく多くの人が好むであろう、なるべく多くの人に高感度が響くであろう、最大公倍数的な「お手本」を探す。

だからみんな、似たようなメイク、似たような髪型、似たようなファッション、似たようなバックを持っている。

そして、差がつかなくなる。みんな同じに成り下がる。お金と時間をかけたのに。

 

本命の人・好きな人の、どんな人が好みか、どんな枠内の人を好むのか?

もっといえば、あなたの本命の人・好きな人が、どんな枠内に生息している人なのか?

こっちのほうを、今もあまり見ないのに。

 

モテるの絶対値はもう存在しないのに、本命の人・好きな人の好みに寄せるんじゃなくて、自分の考えている素敵をまず形作って、それで本命の人・好きな人に好かれようとしている。

 

本命の人・好きな人は、地味な人が好きなのに、きらっきらのイケメンルックやお姉さんルックをしても、これ全部、完全に無駄手間・無駄金ですからね。

 

本命の人・好きな人に寄せず、自分のしたいモテ、自分自身があこがれている自分磨きを勝手にして、

私のこと好きになって、私の内面を見てって言っている人、すごく多いです。

 

 

その結果、そこそこモテるほうなのに、本命の相手にだけ、いつもモテないと悩んでいる。

 

自分から本命の人・好きな人の好みからズレる努力を繰り返し、

  • あなたが好きになるタイプの人たちには、あなたを好きにならない。
  • あなたが全然好きにならないタイプの人には、あなたはモテる。

ということになり、Aという自分が好かれたくないジャンルの枠内ではモテるけど、本当に好かれたいBという枠内の人たちには好かれない、嫌われる。

 

特定の枠内ではモテるけど、そこから一歩でも出ると、真逆の評価が下される。

 

本命にモテないーって悩んでいるあなたは、まさに、この状態に陥っていると言えます。

 

そして本命の人とはなかなかつきあえず、本命じゃない人とばかりつきあっている。

 

自分のことを好きだと言ってくれる人とばかりつきあって、自分が好きになった人と、付き合えたことがない。

そんな悩みがいつもあるのではないかな?と思います。

 

これを踏まえて、次に、

このズレをなくす方法、悩みを解決するための、3つのポイントを、お話ししていきます。

あなたがモテる「対象」を整理する。

ではポイント1つ目。

モテる対象を調整しましょうってこと。

  • あなたってどんな人にモテるのか?
  • どんな人に好かれるのか?

自分のこと、本当にわかっていますか?

 

意外とみんなこれを言われると「わからない」って言います。

自分自身ではわからないことが多いので、あなたの友達をみてみるとわかりやすいと思います。

類は友を呼ぶ。

あなたの友達の持っている見た目や雰囲気って、あなたも気づいていないあなた自身の雰囲気です。

 

例えば、あなたが女性で、黒髪で清純そうな見た目であれば、おしゃれをあまりしない黒髪で純情そうな(女性経験のあまりない)男性が寄ってきやすいです。また痴漢にもあいやすいと思います。

 

例えば、あなたが茶髪でちょっと軽そうな、リア充っぽい遊び人風の男性であれば、遊び慣れた女性が寄ってきます。

 

わかりやすくいえば、同じ種族ですか?ってこと。

まあ人間は人間なんですけど。

おなじグループに属するようなタイプか?ってことですね。

 

オタクはオタクと付き合うし、ヤンキーはヤンキーと付き合うし、セレブはセレブと付き合うし、エリートはエリートと付き合うし、アイドルはアイドルと付き合うし、俳優は俳優と付き合うし、YouTuberはYouTuberと付き合う。

同族かどうか?

 

あなたの好きな人、本命の人が、今のあなたのことをそのまま、無加工のままの今のあなたのことを好きになってくれるか?あなたに対して脈があるかどうか?ばかりに着目するんじゃなくて、あなた自身が、好きな人・本命の人に寄せていっているかどうか?

 

自分磨きって言葉がありますけど、これはただ自己満足でやってもまったく意味がなくて、好きな人の好みに寄せていくコスプレ、自己改造だということです。

 

でね、さらに、この内容を踏まえて絶対にチェックしたいのが、直前に付き合った人はどんな人か見るってこと。

 

同じ種族かチェックしろとは言ったけど、自分と真逆のタイプに惹かれることもあるよね。

最近まで付き合っていた人が、同族だとしたら、次に付き合いたい人が、また同族とは限らないよね?

 

今、失恋したばかりなら、辛さを忘れるためにも、次に付き合うタイプは全然違うタイプにいくかもしれない。

だから、直前に付き合った人はどんな人か見るのが大事。

好きな人だけにモテるモテ方って、好きな人の好みに寄せていくこと、そして、好みの人と付き合ってわかれたばかりだったら、真逆になってみること。

 

とりあえずイケメンになろう、たくさんモテようみたいな方向性で、みんなにモテるモテ方ばかりに、時間とお金をかけないことです。

あなたのモテる「範囲」を整理する。

では、ポイント2つ目。

あなたがモテる範囲を調整しましょうってこと。

 

本命の人、好きな人以外の人に、好かれすぎないこと。

ましてや、本命の人、好きな人の友達とか、近しい人に、好かれていないよね?ってこと。

ここめっちゃ大事です。

 

あなたが、本命の人・好きな人の、友達とか近しい人に好かれれば、嫉妬してくれるかな?なんて思ってるようじゃ下手すぎる。

  • 好きな人は好き。
  • 嫌いな人は嫌い。
  • 興味がない人は興味ない。

はっきりさせておくこと。

 

嫉妬を煽るつもりが、恋心を冷めさせてしまいます。

 

だから、本命じゃない人に好かれすぎてる場合は、人間関係を壊さない程度に、はっきりと示しておいたほうがいい。

 

今は他の人に真剣なので、これ以上、毎晩LINEとかしてこないでください、誘われても行きませんとか、はっきり返したほうがいい。

 

それでもさらに、え?誰かつきあってるの?誰が好きなの?知ってるやつ?まだ付き合っていないなら、LINEぐらいいじゃんとか。

追撃してくる男女は無視するかブロック。

 

しつこい性格の人とつながりを中途半端に維持すると、あなたと本命の人との関係を邪魔されるだけでなく、いろんな弊害が出てくる。

その、しつこい人は「昨夜、あなたと、こんなLINEをやりとりしてた」とか、あなたの本命の人、好きな人に話を広げるに決まっているから。

うざすぎるけど、横つながりって結構あなどれない。

 

自分がモテる範囲を調整する話ですね。

だから、

好きな人は好き。

嫌いな人は嫌い。

興味がない人は興味ない。

この意思表示は、早めに示したほうがいいです。

モテるのは手段か目的か?

そしてポイントの3つ目。

自分が何のためにモテるのか?モテようとしてるのか?

モテる目的を間違えないこと。

 

好きな人にだけモテるやり方って、好きな人にいろいろ寄せてく必要があるから、結構しんどいけど、やり通せますか?って話です。

 

そもそも今回は、好きな人にだけモテる ということを話の中心にしていますが、実は、大勢にモテたい、ちやほやされたい、っていうだけの人も、いると思うんですよね。

 

これだって別に悪くないです。

そしてそれは意外と簡単です。

 

人を判断する価値観が多様化しすぎて、

Bという枠内では嫌われるけど、Aというジャンルの枠内ではモテる。

 

だから、ただモテたいだけなら、なにかしら、あなたが勝てるフィールドを探せばいいだけ。

おデブが好きという枠内に入れば、ぽっちゃりなあなたはモテる。

 

色白の、ゲームオタクの男性が好きって枠内に入れば、ゲーマーオタクのあなたはモテる。

あなたがどう変わるかではなくて、あなたの勝てるフィールドを見つければ勝手にモテる。

モテるだけなら。

 

でも、今回の目的「好きな人だけにモテたい」を、ここに混ぜて考えているならば、よくない。っていうかダメ。

自分の中で、考え方が混ざってしまっている時は

 

  • 自分は何のためにモテようとおもったのか?
  • 元付き合っていた人を見返したかったのか?
  • イジメられたくなかったのか?
  • 好きな人に振り向いてもらいたかったのか?

 

もう一度、その理由を整理し直して、好きな人だけにモテたいならば、どうしなくちゃいけないか?

この動画を見直して、あなた自身「モテる」の概念を再起動してみてください。

 

今回は、

  • そこそこ、モテるのに、本命の人に毎回フラれる理由。
  • そして、モテる範囲と対象を整理して、モテ具合を調整をする。3つのポイント。

について、お話しました。

イサキでした。

開始10分で女たちとの恋が始まる「白い洗脳 」会話術とは?(男性向け)
会話術表紙

あなたは好きな女性をデートに誘うための会話テクニックできていますか?

  • 会話で女性の脳内イメージを動かし、あなたとのデートを心の中に刷り込ませる。
  • そしていつのまにかデートに誘い出す「白い洗脳」会話術。

心の距離感と誘うタイミングを見える化するから、誘うタイミングを間違わない。

スムーズに女性をデートに誘うための会話の心理テクニック。

モテる男たちが毎日使っている、開始10分で女たちとの恋が始まる「白い洗脳 」会話術を、ご紹介します。

おすすめの記事